高種族値しゅきぃ…

考えを纏めるため、残すために

s8使用構築 ②

【構築経緯】

前の記事でかいたクチート+毒ボルトからスタート。

ゲッコウガに強く出れて相手のレヒレを呼ぶスイクンを採用。電気の一貫を切れてボルトランドの並びで毒ボルトを隠せるランドロスを採用。クチートだけだとフェアリーやギャラに役割集中されると苦しくなるためナットレイを採用。最後に重たいリザを見れて並びがきれいなバンギラスを採用した。

f:id:mashiemon:20180313191717p:plain

 

【個体紹介】

クチート@メガ

性格:意地っ張り

実数値:151(204)-166(204)-145-×-115-83(100)

技構成:じゃれつく/剣の舞/不意打ち/炎の牙

一番期待している鋼ポケ。

ナットレイカミツルギだけでなくクチートハッサムなど相手が重かったのできあパンではなく炎牙を採用。めざ炎ポリ2も重いので、叩きを持ってないのにも関わらず苦し紛れにsに振っている。

役割対象がドランと組んでいることが多く、スイクンを出して試行回数を稼ぎつつ、たまに相手が痺れを切らしてくれる時に負担をかけたりするしかなかった。来期の課題。

 

ボルトロス@たべのこし

性格:図太い

実数値:179(196)-×-134(252)-146(4)-101(4)-138(52)

技構成:10万ボルト/守る/身代わり/どくどく

地面タイプやマンダを意識して図太いで採用。hpを確保するために耐久に厚めに割いた(bを削ってミミッキュ抜きまでsを振るかどうか)

レヒレの裏にいるランドやロトムに対して毒を入れてハメるのが目的。

ただ予想していたよりレヒレ+毒の通らないポケ(カバorナットorドランetc)の選出をされることが多く、うまくハマらないことも多々あった。周りを含めて要検討。

 

スイクン@突撃チョッキ

性格:控えめ

実数値:183(60)-×-136(4)-156(252)-137(12)-128(180)

技構成:熱湯/凍える風/絶対零度/ミラーコート

テテフ、ゲッコウガに役割を持てて炎や地面にも対面弱くなく、受けルが重めなのもあってこいつしかいない!と採用。どうしても崩せないサイクルにも出していったが、零度の命中25を実感させられた。

こご風は顎をいい乱数で倒せるので採用。最悪ミラコ。

 

バンギラス@メガ

性格:陽気

実数値:175-216(252)-171(4)-×-140-135(252)

技構成:ストーンエッジ/地震/冷凍パンチ/竜の舞

リザやドラン、催眠ゲンガーに強いポケモンとして採用。れんちの枠は最初ナットドランのサイクルを崩せるほんちだったが、それ以上にランドロスへの打点が欲しかった。

耐性が上手く周りとかみ合っていて選出しやすかった。

オニゴーリ入りには絶対選出、毒ボルトを絡めつつうまく展開していく。苦しすぎた。

 

霊獣ランドロス

性格:陽気

実数:165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)

技構成:地震/ストーンエッジ/とんぼ返り/馬鹿力

地面、電気の一貫を切る枠。圧倒的選出率。

リザやウルガモスに入りに対してバンギを出さない選出ができるように陽気で採用したが、そもそも個体数が少なかった&火力が足りない場面が多かったので諦めて意地っ張りのほうが良かった(ロムごと個体どっかいった)

叩きは陽気なのもあって火力がなさ過ぎたのと、ガルーラと殴り合えるのがメガ枠だけだったため処理ルートを増やす意味で馬鹿力を採用した。

エッジはボルトロスを処理するときに便利だった。

初手でゲンガーとコケコに対面したときは相手の裏に複数浮いているポケモンがいようが地震。ボルトランドで並べているのもあるせいか体感半分くらい突っ張ってくる。

キノガッサゲッコウガに対してこいつで蜻蛉してナットレイに繋ぐ動きで処理速度を速めつつ剣舞やめざ炎持ちに保険をかけた。 

 

ナットレイ@バンジのみ

性格:生意気

実数値:181(252)-114-160(68)-×-176(188)-22

技構成:ジャイロボール/守る/宿り木の種/どくどく

残飯をボルトに取られているため木の実での採用。7世代に入って初めての採用だったので全くわからず調整をパクらせてもらった

 

S7使用構築 【最高・最終2105】 ~ブラッキーマンダ再始動~ - クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記(無許可なので何かあれば消します)

 

ミミッキュ、テテフ、レヒレ、キノガッサの胞子を透かす枠。久々に使ったが相変わらずいい感じに耐えてくれるポケモンで使っていて気持ちよかった。

ゲッコウガやテテフのめざ炎、メタグロスのアムハンを意識してこのポケモンだけで処理する選出は出来るだけ控えた。

また草技がないとわかるとレヒレやギャラドスが挑発や身代わりを打ってくる可能性があるため、どくどくは極力見せないようにした。

ナットレイで宿り木や毒を入れることでボルトロスでハメれるようになる。

マグストしかないドラン入りのサイクルを毒ボルトと合わせて制した時は強すぎて震えた。

 

【運用・選出】

基本選出はなく、役割集中、役割破壊されないような選出を心がけた。

しいて挙げるなら

クチート+ボルト@1の対面選出。

クチートスイクン以外の4匹からサイクルを回せる選出。

・ギャラ顎ハッサムドランのような並び、一匹でゲッコウガを見たい時、初手にクチートを出せないテテフ入り(例バシャテテフ)にはスイクンを絡ませた。

 

【重いポケ、並び】

バシャーモ

対面でランドスイクンで処理するしかない。めざ氷、雷パンチの役割破壊も怖い。

・さざめき持ちガモス

降参。

・ナットドラン、カバナット

スイクンで零度連打。

・速いグライオン

スイクンより早いと毒でハメられて終わり。

・挑発身代わりギャラ

クチートを非メガ無傷で対面させないといけない。もしくはランドナットで上手く処理。

 

 

毒ボルトの使用感は悪くなかったがもうちょい何かいじれそう。