高種族値しゅきぃ…

考えを纏めるため、残すために

7世代のラティオスについて(続

s2お疲れ様でした(遅い)

今シーズンは臆病眼鏡のサイコショック/流星群/なみのり/シャドーボールで使用していた。使っていて思ったことがあるのでまとめておく。

 

まず私が主に持たせた役割は、

・受けのサイクルをステロ込みで無理やり崩す

・対カバリザ

・対砂パ

とても機能してくれ、上記のタイプの構築に対して確実に勝つことができた。

 

ただ流星群のうちにくさが非常に目だった

テテフとミミッキュ(次いでギルガルド、レヒレ)が裏にいる場合、対面気味で明確な受け先を用意していない私の構築ではそこを読んでいかないといけない場面が多かった。

 

ステロをまくことにより眼鏡シャドーボールで無振りテテフが乱1、無振りミミッキュが確1、H振りギルガルドが確2。H振りレヒレが眼鏡サイコショックで確2なので、後出しを読むことができれば優位にサイクルを回せた。

 

ただやはり動きにくい。

 

前回の記事では眼鏡を個人的には押していたが、流星群の通りが悪く、今作で環境に増えたフェアリータイプに拘り流星群で捕まってしまうと非常にまずいというところから、拘らないで火力をだせる瞑想+Zラティオスに可能性を感じた。

具体的には有利対面で瞑想を積み、流星群以外の技をZ技にして撃つことで受けに来たポケモンを持っていくものである。

エスパー技/流星群/瞑想/???

ラティオスを受けにきたポケモンを無理やり崩すことを目的としているので竜Zは考慮していないが、相手をしたいポケモンによっては採用の可能性アリか。

眼鏡のように有利対面から負担をかけるのを繰り返して相手のサイクルを崩壊させたり、PT全体で重いポケモンと殴り合うことで裏の通りをよくする、といった力技ができなくなってしまうが環境を考慮したおもしろい型だと思う(自分が使うかはわからない)

 

そのポケモン、構築に最も合った型が、必ずしもその環境に合った型とはなりえないのではないのか、と考えさせられた。

 

 

 

追記 s3終了

 

こんなポケモン出せる並びは環境に存在しないため、崩しのための竜Z、もしくはエルパーZのほうが良い。。。

 

 

7世代のラティオスについて。(s2時点での考察)

 

よくラティオスがテテフの劣化だという話をよく耳にするが、そんなことはないと思うので一から考察しなおしてみることにした。

(正直言わないでもわかるよね)

 

ラティオスが優位な点>

・s種族値110

激戦区である100属、さらにガブリアスの102まで抜いているというのは本当に大きい。というのも今作から追加されたZ技によって、上からタイプ相性関係なく無理やり潰される可能性が出てきたからである。

s1では剣の舞→Z逆鱗でガブリアスが物理受けが機能しないことが多々あったが、その点上から殴ることで確実に仕事できるという点で評価できる。

 

・ドラゴンタイプ、特性浮遊、高い特防による耐性

半減or無効にできるタイプが多く、Z技によって本来の役割対象から無理やり突破されるということは起きにくいため「役割対象に後出し→交代先に高火力による負担をかける」という王道ムーブは7世代でも可能だと考える。

 

・比較的豊富な補助技

両壁置き土産、こご風によるs操作、瞑想自己再生による積みなど、ラティオスならではの強みが存在する。

 

 

<環境からの抜かい風>

・フェアリー(主にテテフ)の増加による鋼需要の増加

・テテフの増加による一番の役割対象(ロトムボルトロス)の減少

現在シングル使用率1位がテテフ

テテフとラティオスが対面した際、ただでさえ受けにくいテテフに余裕を与えてしまうため

メガ進化時のsの仕様変更

メガ前ゲンガーマンダルカリオに対して突っ張りにくくなった

 

<今作の追い風>

・不意打ちの弱体化

親子愛の弱体化も相まってガルーラに対して一回は行動できるようになった

Zガブは一方的に屠れ、スカガブに対しては裏のポケモンとで一貫を切ったり耐久ポケモンで今まで通り見ることができる。

・対Z性能

Z技の獲得により今までと同じような受けによる対処が難しくなってしまった。

その点、大抵のZ所持ポケモンに対して上から殴れる素早さと、一撃で持って行けるだけの火力を持つラティオスは非常に優秀なポケモンだと考える(襷、化けの皮、突撃チョッキ等は除く)

 

 

<7世代で使うには>

(以下私の主観)

 

比べられるポケモンがいる際、差別化という言葉がよく用いられる。

 

s種族値とタイプで十分すぎるほど差別化できているとは思うが、最も差別化できているのは両壁置き土産こご風といった技で裏の積みポケモンの補助を行う型だろう。同じようなことができるポケモンとしてアローラキュウコンが挙げられるが、火力や耐性等からそっちとも差別化できている。Z技のおかげで裏の積みエースも全抜きしやすくなっているのも追い風である。

問題なのが環境にぶっ刺さっている相性のいいエースが非常に少ないことである。(それと単純に私の「この種族値でそれはことさせたくない;;」という我儘から評価が低いだけであるが…)

 

Z置き土産も今のところない。ガルクレセやクチクレセを考えてもらうとわかるが、HPを回復させる先は相性補完がいいだけでなく瞬間火力に優れていることが条件に入ってくる。更に置き土産の場合Z枠を消費しているのだから、積みエースということも条件に入ってくるだろう。私にはその条件にあうポケモンが見つけられなかった。

 

瞑想ラティはまだいけそうではある。

というのも、追加されたフェアリーに特殊が多く瞑想で無理やり積めないこともないからである。ただc種族値130のフェアリーは今まで環境に存在しなかったため、その点が不安要素になる(特殊ギルガルドなら1積みしてから対面すれば無理やり起点にできないこともない)。更に言うと、6世代ですら稀有な型であり、この型が刺さる環境が来るのかと聞かれたらYESとは言えない。

 

Z流星群+流星群!加工補正もかからないで撃てるのは最強なのでは!?という声をちらほら聞くが、個人的にはNOである。ラティを受けに出てくるHDポリ2やラッキー、タイプ受けをしてくる鋼を結局倒せないというのもあるが、そもそも眼鏡流星群自体が役割対象に対しては十分すぎる火力というのもある。耐性もあることから結局打ち合いに勝てれば役割は持てるため、Z技の枠を割くのはPT全体で選出が窮屈になる可能性も出てくる。

要するに、Z持たせたとこで見れる範囲は変わらないんじゃないか、と。

火力で崩すという点においてテテフには勝てない。

(崩しに関しては、拘りトリックという起点づくりも行える手段がラティにはあるため)

ただ瞑想と組み合わせることで全抜きを狙うということなら話は別である。

ラティオスの苦手なポケモンというのは上記のように瞑想1回+竜Zでは崩すのが難しいためサイクルで生かすのは難しいが、受けループのようなラティオスが積んでいける余裕のあるPTなら存分に活かせると考える。「~の並びの場合のみ選出する」といった扱いになるだろう。

 

拘りスカーフ。意表がつけてかつある程度の汎用性のある型。役割範囲を広げることができるが火力不足が非常に目立つ。技火力が乏しく、流星群は連続で打つのが難しいため抜きエースとしての役割が持ちにくい。今作で特に何か変わったわけでもないので語ることがない。

 

拘り眼鏡。やはりこれがラティオス種族値、タイプに合った型だとは思う。ただ役割範囲のポケモンがテテフによって駆逐されてしまった(ラティのほうがより役割を持てはするのだが)

 

しずく。元の仕様になって出直してこい。

 

 

<私の持論>

 

以上のことから、(言うまでもなく)テテフの劣化ではないのだが、テテフの登場によって様々な逆風が吹いていることは間違いない。ただ、死んではいないしこれから先輝ける可能性は十二分にあるということだけ言いたかった。

 

上でも述べたが最低でも削る以上の仕事ができることから、裏に抜きエースがいる場合はラティの強みを十分に生かすことができると考える。サイクルを回せるならそれ以上の活躍をしてくれるだろう。

 

ぜひ一度採用してあげてほしい。

 

この先ガブが頑張っている限りラティオスは消えないと思っているが、テテフに1位を取られてしまい正直おびえている。

【s17 使用構築】ルカリオ入り対面構築【最高1967最終1876】

 

【はじめに】

ORAS最終シーズンお疲れ様でした。

やる気が足りなく2000には届きませんでしたが、結構気に入った構築が組めたので書き留めておこうと思います。

先に謝っておきますが、文章書くの苦手なので多少読みにくかったらすいません><

 

f:id:mashiemon:20160916005214p:plain

 

【コンセプト 】

カバルカの並びを主軸に、それを見て初手に出てくるポケモンに対してチョッキスイクンでテロを仕掛けていくことで、こちらのPTに刺さっているポケモンに対し確実に処理or削りを行い、強引にカバルカの通りをよくする。

 

【個別紹介】

 

f:id:mashiemon:20160916004122p:plain

性格:控えめ

持ち物:突撃チョッキ

特性:プレッシャー

調整:183-x-136-155-137-128 (非理想個体)

技構成:熱湯/凍える風/冷凍ビーム/ミラーコート

 

前期私に衝撃を与えたチョッキスイクン。間違いなくこのPTで一番の功労者。

この構築のカギとなるポケモン。(ぶっちゃけこいつ使いたかっただけ)

こちらに刺さっていて初手に出てきやすいゲッコウガ、ゲンガー、サザンドラ、ボルト等にテロを仕掛けていく。初手マンムーガブリアスにも強気に突っ張っていける。

このスイクンが起点になってしまう瞑想持ちにはルカリオを無理やりぶつけていた。

ガルーラを見ることができないため、ガルーラ入りに出す場合は後ろにカバルドンを添えていた。

 

ウルガモスに対して明確な対抗手段を持たないこのPTにおいて、このスイクンで削ってルカリオの神速圏内に入れるという動きを取るしかなかったのだが、今シーズンは羽をもった個体が多く、その場合この処理ルートでは勝てないという重大な欠陥を抱えている。

(先にルカリオで殴ってスイクンで処理することならできるが、基本ウルガモスから先に展開されてしまうことが多かった)

 

f:id:mashiemon:20160916004117p:plain

性格:腕白

持ち物:ゴツゴツメット

特性:砂おこし

調整:215(252)-132-169(124)-×-109(132)-67

技構成:地ならし/氷の牙/どくどく/怠ける

 

メガガルのれいビを2回耐えるまでDに振ったカバルドン

スイクンでほぼ1:1交換した場合、サイクルを残った2匹でする際に役割対象を広げる必要があったため毒を持たせた。

欠伸を採用していないことからガル―ラを流すことができないため、凍りや麻痺、急所で受け続けることに失敗してしまうと負けに直結してしまう。そこで保険として相手のガルのSを下げることで、裏のポケモン(主にルカリオ)でのケアが利くようになるのではと考えた。

 

、このカバルドン自覚がすさまじく、何体ものれいビ持ちガルを凍ることも急所を引くこともなく毒と砂ダメで突破してしまい、正直地ならしが生きたのかよくわからなかった()

今思えばそこまで後手に回るのはどうなのかとも。

 

さらに、地ならしにしていることによってある問題が生まれてしまった。

ガル―ラに対しての安定性を求めた結果Bが薄くなり与えるダメージも少なくなってしまったため、クチートやバシャ、ルカリオといったポケモンに役割が持てなくなってしまった。地震ならゴツメ込で落とせた)

クチートに対しては

 

ゴツメ+地ならし→S逆転したことにより上から地ならし

※無補正無振りカバルドンの地ならしがH252メガクチートに対し66~78(42%~49.6%)

 

という処理ルートが取れなくもないが威嚇が入っていると無理、じゃれつくに後出しも不可能である。クチート軸に出す際にはクチートの削りと裏の耐久ポケモンに毒を入れるのが仕事だった。

欠伸を入れるなら氷の牙を切ることになるが、舞ったガブやカイリューへの打点になるため最後まで切ることなかった。

意味の分からない技を採用しているものの安定した活躍を見せてくれた。

 

 

f:id:mashiemon:20160916004115p:plain

性格:陽気

持ち物:メガ石

特性:正義の心

調整:146(4)-197(252)-108-×-90-180(252)

技構成:インファイト/アイアンテール/神速/剣の舞

 

メインウエポンのインファ。PT全体で妖が重いためアイテ。スイクンで削ったボルト、ゲッコウガウルガモスにうつ神速。

ラストは最後まで迷った結果なぜか剣の舞(採用理由はよく覚えていない)

対面厨パのスイクンやポリクチの並びを無理やり崩せるのが個人的に使っていて楽しい。

レートが低いときはバナやリザ入りのPTを1度舞うことで無理やり崩すことができたが、レートが上がるにつれてガルゲンが増え、剣舞の使用回数は減っていった。1800以降では一度も使った覚えがない。

今思えば、スイクンで処理し損ねたメガゲンに打てるバレパン、もしくはマルスケをつぶしたカイリューに打てる冷凍パンチのほうが良かったかもしれない(役割対象を広げられるので、絶対その方がいいです

そのことに気づかないくらいにはもう脳みそが回っていなかった。

最終日はアイテを一度も外すことがなかった。ちいピクに一発で当てたときは神ぽこかと思った。

 

 

ここまでで紹介した3匹が基本選出であり、これから紹介する3匹は要所要所で選出していく。

 

f:id:mashiemon:20160916004144p:plain

性格:臆病

持ち物:こだわり眼鏡

特性:浮遊

調整:157-×-100-178-130-178 (非理想個体)

技構成:サイコショック/トリック/波乗り/流星群

 

毎シーズン一緒に戦ってきた相棒。

ショックでHBスイクンを超高乱数3発までCに振って、残りを耐久に回した。

PTで重いルカリオを落とせるようにサイキネを採用したかったが、瞑想持ちに対応できるのがルカリオくらいだったのでショックにした。

砂パやリザバナ入り、受けル、スイクンに役割集中してしまいそうなとき、ルカリオの剣舞・カバの毒で崩せない相手がいるときに選出していた。

ロトムやボルトを見るための枠であった為スイクンが入ってきたことで選出率は落ちたが、出した時は活躍してくれた。

高い特殊耐久による後出しから、圧倒的火力で圧力をかけていくのは病みつきになる。

ボルトへの安定感から、ルカリオ軸を組む際にどうしても入れたくなってしまうのは私だけだろうか。

 

f:id:mashiemon:20160916004135p:plain

性格:図太い

持ち物:オボンの実

特性:悪戯心

調整:184-×-132-144-101-135 (非理想個体)

技構成:10万ボルト/目覚めるパワー氷/電磁波/草結び

 

マンダ入りに出す枠。

スイクンがBに薄くカバも欠伸を持っていない事からマンムーがきついため、PT単位で少しでも軽くできるよう打点になる草結びを持たせている。マンダ対面では積極的に草結びを撃っていた。(するしかなかった)

マンムーだけではなく、ルカリオを受けに来たであろうカバにも刺さり、使い心地はよかった。

カバでバシャやルカリオを見れない事から、こいつで相手の格闘枠を誤魔化すことが多かった。

ちなみにこのPTで物理水ポケモンを止められるのはこいつだけであるため、マリルリがいた場合ほぼ毎回選出していた。

 

f:id:mashiemon:20160916004118p:plain

性格:控えめ

持ち物:ジャポの実

特性:フェアリースキン

調整:201(244)-×-114(228)-143-150-85(36)

技構成:ハイパーボイス/瞑想/眠る/いびき

 

ここまででめんどくさいガッサを見る枠。この枠は最後まで迷った。

 

"ラティ・スイクンと同じように特殊を受けれる"

"ルカリオと同じように竜の一貫を消せる"

"瞑想を積むことで耐久ポケモンにも役割が持てる"

 

と誰かしらと似た仕事ができるため、役割対象のガッサが来なくても腐ることは少なかった。

カバを見て出てくるヘラに対しても打点を持てる。

ジャポの実は初めて使ったのだが、相手の襷やマルスケをつぶせて最低限の仕事ができかなり有用だった。バシャやガルといった反動のある技を打ってくるポケモンに対しても ジャポの実+反動ダメ+ハイボ で落とすことができる。

A特化ガルの捨て身は97.5%で耐える。

 

 【運用】

基本的にはスイクンを初手に出してテロを仕掛ける。1ターン目のダメージでチョッキがバレて逃げられたとしても、受けだしは不可能なほど削れていることが多いため、仕事を完遂したと言える。

スイクンが削られてしまうことで、ガブリアスマンムーバシャーモといった本来役割が持てるポケモンに何もできなくなってしまうため裏にカバルドンを置く。

そのカバルドンもBを削っているため何回も安定した受けだしをすることは不可能だが、ゴツメ、砂、毒といったスリップダメージで裏の圏内に入れることができる。ルカリオラティオスの通りをよくすることで勝利につながった。 

 

この構築は、初手にスイクンを出してどれだけアドがとれるかを判断することが大事である。

例えばスイクンでテロを仕掛けたい相手(つまりカバルカに刺さっているポケモン)が複数いる場合スイクンでテロを仕掛けるより、ラティやニンフといったそれらを受けられるポケモンを絡めてサイクルを回した方がいい。ただゲッコウガを見れるポケモンスイクンしかいないのでいたときは毎回出していた。

 

またガルーラゲンガーの並びを相手にする場合は、どちらがメガなのか、両方だった場合どちらを選出してくるかといった読みも必要になった。

初手にスイクン、裏にカバルドンと選出したいが、それだと相手が

”拘りアイテム持ち”

"強引に積み技で突破"

”物理特殊どちらかに偏った選出をして負担をかけてくる”

という手段を取ってきた場合、カバスイクンのどちらが腐る上に止まらなくなってしまう。

そのためガルゲンどちらかを切る必要が出てきてしまうことも多かった。

 

ガルーラとゲンガーが同時に選出され、ゲンガーがメガしない選出と読んでいるときは積極的にアイテを打っていった(大体通った)

 

【重いポケモン

 

マリルリクチート 

まず受からない。マジでキツイ。

マリルリに関してはニンフィアの枠を毒羽エアームドで代用することで見れると思ったが、クレセが身代わりを持っていた場合毒で突破することができない事を考えて結局ニンフィアのままにした。

 

ウルガモス

スイクンのところで書いた通り。

 

・ジャロ-ダ

いたら100%初手に出てくる。

スイクンでこご風+れいビという処理ルートが取れない。

ミラコを撃っても相手の火力が足りなくて落とせない事が多く、襷も考慮すると難しい。基本的にはボルトで誤魔化すか、スイクンで削ってルカリオで〆る、ラティで飛ばす等。

 

・毒ガルド

明確な対抗手段がない。カバやスイクンで誤魔化していた。

 

 

【最後に】

 

選出が決めやすく、自分に合っていると感じたPTだった。

全体的にガルドが重めだが最近減ってきているので特に困らなかった。

最終日は害悪や受けルといった時間のかかる構築に会わなかったのはラッキーだった。

 

s17は序盤ボルトランドで潜っていたのだが、1750あたりから1550くらいまでストレートで落ちて以来最終日の夜まで全く触っていなかった。この並びが完成したのは朝の6時だった。朝まで潜っていたが疲れや眠気からかプレミも増え、1900帯で停滞してしまい最後には1800帯に落ちるという、非常に悔いの残る結果になってしまった。

環境的に切っていたり無理なポケモンも少なくないが、もっと上を目指せると思った。

不完全燃焼なので幻のs18に馬鹿みたいに潜ると思う。

 

ひとまずはポケモンORASシングルレートお疲れ様でした。

 

 ※s18にはカバの地ならしが地震に、ニンフが剣舞アローになりました。

アローという3匹目の抜きエースが入ったことにより強引に勝ち筋を通すことができるようになりました。

 

 

TNまっしろ @oooka_yama